ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

DeNA→社会人ヤマハへ網谷が描くプロ再挑戦の夢

知らない電話番号が、スマホ画面に映し出された。DeNA網谷圭将内野手(21)は戦力外を通告された後も、現役続行に備えて練習を続けていた。10月14日、練習を終えた午後だった。電話の向こう側から「元気? 大丈夫?」と聞き覚えのある声。「ラミちゃんです」。アレックス・ラミレス監督本人からの直電に驚いた。
網谷 まさか監督から電話がかかってくるなんて。電話したこともなかったし、番号を交換したこともなかったんで。

育成2年目の17年、チーム第1号を放ったのは、網谷だった。バットコントロールを評価され、育成では異例とも言える1軍キャンプスタート。その初実戦となった阪神との練習試合で、バックスクリーンへアーチを描いた。1歳年下の細川とのアベック本塁打に、指揮官の喜びもひとしおだった。そんな期待をかけた選手だったから、ラミレス監督も心配だったのだろう。夫人の通訳でエールを送った。

新天地は社会人野球のヤマハに決まった。育成での3年間は無駄じゃなかったと胸を張る。自由契約が決まった後、向かった先は神宮球場だった。東京6大学野球を見て、今の自分の立ち位置を確認した。「この道に後悔はない。まずは都市対抗で活躍できるように頑張りたい」。新たな目標を見据え、その先には「またプロに戻ってこられるように頑張りたい」と、いつか再挑戦できる日を思い描いている。

細川と網谷で将来の大砲候補として期待は大きかったのですが、結果を出せずに退団になってしまいました。
社会人で結果を出せばプロ復帰も有り得る。
頑張れ!

元DeNA久保康友、メキシカンリーグの球団に入団へ 昨年は米独立リーグでプレー
    

 ロッテ、阪神、DeNAでNPB通算97勝を挙げた久保康友投手が、メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンと契約したと、地元メディアが伝えた。2017年オフにDeNAを自由契約となり、昨年は米独立リーグでプレーしたベテラン右腕が、3か国目のマウンドに上がることになる。

 地元紙「エル・ソル・デ・レオーン」は「ヤストモ・クボがレオン・ブラボーズに入団」との見出しで速報。「日本人先発投手ヤストモ・クボは2019年シーズンにメキシカンリーグのレオン・ブラボーズに加わる」と伝えた。

 記事では「クボは母国の千葉(ロッテ)、阪神、横浜(DeNA)で12年間(実際は13年間)プレーし、昨季はアトランティックリーグ(米独立リーグ)でプレーした」と、これまでのキャリアについて言及。さらに、「ヤストモはトニー・アギレラ新監督体制におけるロースターで最初の外国人選手となる」とも報じている。

 昨年は米独立リーグのマウンドに上がった久保だが、元々はよりレベルの高いメキシカンリーグ行きを望んでいた。“念願”が叶ったことになる。球団公式ツイッターも「ようこそ Yasutomo!」と、日本語、久保の写真、日の丸を交えて歓迎のメッセージを投稿している。

日本の球団が手を挙げると思っていましたが、どのチームも獲得に動きませんでした。
まだ、ある程度やれそうな気はするんですが。

カープに学べ!? ベイスターズがBクラスから優勝するために必要な“3要素”


高森勇旗のコラムです。

もっと年だと思っていたが、高森、まだ30歳だった。



DeNA・大貫晋一 先発右腕として面白い存在/2019年このルーキーに注目!


 左腕が並ぶDeNAの先発陣の中で、即戦力右腕として面白い存在となりそうだ。注目度でいえば、ドラフト1位の上茶谷(東洋大)には劣るかもしれないが、同3位の大貫晋一新日鐵住金鹿島)も1年目から先発ローテーションに割って入るだけのポテンシャルを秘める。

 静岡・桐陽高から日体大に進むと2年春からリーグ戦に登板。しかし、2年秋に右ヒジを痛めてトミー・ジョン手術を経験した。懸命のリハビリの結果、大学ラストイヤーの4年に復帰を果たすと、手術前は141キロだった球速は、最速148キロをマークするまでに回復していた。

 投手としての才能は、新日鐵住金鹿島で大きく飛躍する。2018年春、侍ジャパン社会人代表選考合宿に参加。代表入りはならなかったが、夏の都市対抗1回戦(対日本新薬)で11奪三振の快投を演じた。ムダのないフォームから繰り出される伸びのあるストレートに、鋭く落ちるスプリットは勝負球として機能した。

 秋の社会人野球日本選手権では1回戦(対三菱重工広島)は11奪三振、1失点完投。準々決勝(対日本新薬)でも1失点完投とチームを4強進出に貢献している。

 仮契約では「年も年なので、開幕ローテを狙い1年目から活躍したい。ファンにも愛されるような選手になりたいです」と語り、期待に胸をふくらませる。背番号は新日鐵住金鹿島のOBであり、昨年DeNAで現役生活に終止符を打った加賀の「16」に決まった。「先輩を超えられるように努力する」と決意を新たにしている。

ドラフトの時は、あまり知名度がなかったので、ファンの評価はイマイチのようですが隠し玉的な存在で楽しみです。

153キロ左腕、横浜・及川 もうプロ志望表明 4球団スカウトから新年あいさつ

 今秋ドラフト上位候補に挙がる横浜の153キロ左腕・及川(およかわ)雅貴投手(2年)が4日に横浜市の同校で始動し、プロ志望を表明した。
 「プロ志望届を出したいと思っている。でも足りないところも多数ある。この一年が勝負」。4球団6人のスカウトがあいさつに訪れる中、ノックや打撃練習で汗を流した。今春センバツ出場は微妙な状況だが夏は4年連続出場が懸かる。「安定感のある投球をしたい」とこの冬は無駄のないフォームづくりに臨む。

 ソフトバンク・福山龍太郎アマスカウトチーフは「潜在能力が素晴らしい。夏まで楽しみ」と言い、地元のDeNA・稲嶺茂夫スカウトは「左でこれだけ速い球を投げる選手は他にいない。1位?十分にある」と評価した。

地元の左腕だけに当然マークはしているでしょうが、競合の可能性も高そうです。

↑このページのトップヘ