ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

2019年02月

DeNA井納「やるだけ」3・3に手術後2度目実戦
   

DeNA井納翔一投手が3月3日の2軍練習試合・日体大戦(ベイスターズ)で術後、2度目の実戦を迎える。昨年10月に右肘クリーニング手術を経験。復帰戦となった25日の中日との2軍練習試合は、2回1安打無失点だった。

「自分はやるだけ。1軍(投手陣)が調子よければ、簡単には上がれない」と結果にこだわる。

2軍の練習試合は殆ど情報が出ません。
井納は3,4回程度を投げるんでしょうか。勝又や2年目の中川、育成のコルデロも投げる可能性があるかも。
育成のコルデロもそろそろ。

DeNA・桑原、1日から2軍へ

 1軍の沖縄・宜野湾キャンプに参加していたDeNA・桑原将志外野手(25)が、1日から2軍に合流する。

現状、1軍の外野は好調な選手が多いので、あまり打席に立つ機会もないでしょうから、下で打ち込むのもありかもしれません。


元DeNA投手・加賀繁さん、スクールコーチに転身し野球人生振り返る〈上〉
https://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20190227-OHT1T50074.html
元DeNA投手・加賀繁さん、スクールコーチに転身し野球人生振り返る〈下〉
https://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20190227-OHT1T50096.html

加賀が入団した頃はチームは最弱状態でしたね。
バレンティンキラーからスクールコーチか。
頑張れ!

“喜び”がある社会資産を
https://www.magazine.mlit.go.jp/interview/vol4-b-1/
株式会社ディー・エヌ・エー代表取締役会長南場 智子

南場オーナーインタビュー

ラミレス語録(2月27日)

(キャンプを打ち上げ、報道陣に対応)

 ―キャンプを振り返って。

 「この1カ月間、キャンプを行ってきましたけど、非常に満足のいくキャンプを送れたと思います。多くのことを向上させるためにいろいろ試みて、バント、走塁面、けん制などハードワークで取り組んで、一日一日非常に充実したキャンプを送ることができた。全体的には満足しています」

 ―スローガンが「限界を超えろ」。その点では。

 「スローガンと照らし合わせて、パーフェクトにならないといけないが、このキャンプを通して言うと90%の出来かなと思っています。今年で4年目のキャンプになりましたけど、過去3年もそんなに悪くないキャンプを送ってきましたが、今年もいい仕上がりということが言えると思っています。まだ余地があると思うので、そこはシーズン中にやっていければ」

 ―キャンプMVPは。

 「なかなか好調な選手も多く、一人名前を挙げるのが難しいんですけど、ピッチャーで言うなら今永がそれにふさわしいと思っています。ルーキーの年よりもいい仕上がりをしていた。野手も同様に一人を選ぶのが難しい。楠本も終わる間際の試合でヒットを量産して、特に左投手から打っているので価値が高い。佐野に関しても途中から1軍に来て、そんなに1軍の試合には出ていないですが、7、8本ヒットを量産していますし、少ない時間の中でそれだけのパフォーマンスを見せている、この2人は顕著な活躍をしたかなと思います。そして神里もキャンプを通して非常に安定していた。奄美キャンプの時から好調を維持し、そのままこのキャンプに来たんじゃないかなと。選ぶのは難しいが、選ぶなら神里だと思います」

 ―オープン戦で試したいことは。

 「今はいい野球をしている。先ほども言いましたけど、キャンプの出来が90%くらいだということで、とにかく今の野球を続けていく。あとはエンジョイベースボール。野球を楽しむことを続けていけば、シーズン初頭にいいスタートが切れると思うので、続けていきたいと思います」

 ―1カ月後に開幕。今季にかける意気込みは。

 「非常にいいキャンプを送ることができた。去年より、みんないろんな部分で向上していると思いますし、若い選手もこれから状態を上げていくと思いますし、ベテランの選手も開幕に向けて準備していくと思います。オープン戦はキャンプと違ってどんどん試合をしていくので、状態を上げて、去年よりもいいチームに仕上がっていくと思いますし、非常に競争力の高いチームになっていくと思う。非常に楽しみ」

 
 「最後に多くのファンの方が沖縄に来てくれて、球団に関わる全ての方に多大なるご支援をいただきまして、本当に感謝を申し上げてたいと思っています。沖縄だけではなく、横浜にも、日本全国にもDeNAのファンの方がいて、いつもわれわれに対してご支援をしてくれている。その期待にわれわれはベストを尽くして、必ず優勝できると信じていますし、優勝できるだけのチームだと信じている。期待に応えて頑張りたいと思います」 

東の故障は痛かったですが、それ以外はまずまずだったのではないでしょうか。
上位を目指すには東の復調、控えの充実も必要。

↑このページのトップヘ