ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

2019年03月

ラミレス語録(3月31日)

(試合前の囲みで)

 ―昨日の試合で交錯したソトと楠本は。

 「今のところ問題がない。2人ともラインアップに入っています」

 ―1、2戦目でベンチ入りメンバーを変えている。

 「キャッチャーをその日の戦力的に2人でいくか3人でいくかで変えています。(ベンチを外したのは)初日は宮本で次の日は嶺井。残念ながら、1人上がりを作らないといけないんで、その日使わない選手を戦略的に替えています」

 ―井納に期待する投球は。

 「井納はオープン戦2試合すごくよかったですし、安定していたので、その安定した投球をやってくれれば」

  ◇  ◇

 (試合は劇的なサヨナラ勝ち。佐野が殊勲打)

 ―佐野がサヨナラ打。

 「坪井バッティングコーチが『佐野はどうか』と、いいアドバイスをしてくれた。柴田は今日良かったんですが、最後決めてくれてよかったかなと思います」

 ―オーダー変更がはまった。

 「非常にうれしく思います。もちろん、毎日今日のラインアップでというわけではありませんが、こういう結果になってうれしく思います」

 ―先発の井納は余力の残しての降板だった。

 「今日よく投げてくれたかなと思います。5回あたりでスタミナが怪しい感じだったので代えましたけど、次は長いイニングを投げてほしい」

 ―開幕カード勝ち越し。

 「まず勝ち越せたということが大きい。ファンも勝ち越しを期待していたと思うので、全てがかみあってこういう結果になった」

 ―ソトがベンチを外れた。

 「朝の段階では問題なかったんですが、バッティング練習をした後で違和感を覚えたということで、今日は念のためお休みさせた」

 ―患部は膝の部分。

 「そうですね。膝の辺りです」

 ―今日は喪章を着けて戦った。特別な思いは。

 「そういった特別な試合で勝てた。故人の方も望んでいたことだと思う」 

井納はもう少し投げさせてもと思いましたが、交代が早かったですね。
ソトは大丈夫でしょうかね。

イースタン・リーグ(3月31日結果)

● 横浜 3-8 日ハム

乙坂 左2、三振、投ゴロ、四球
9関根 左本塁打(2点)、三振、投ゴロ、右2
D山下 四球、一ゴロ、捕邪飛、中犠(1点)
7細川 三失、三振、一ゴロ、三振
3飛雄馬 捕飛併、三ゴロ、中安
知野 三振
5伊藤裕 三邪飛、三ゴロ、投ゴロ、遊ゴロ
6狩野 右飛、三失、四球、三ゴロ
2山本 三ゴロ、三振、
西森 三振、二ゴロ
4大河 三ゴロ、遊ゴロ、三振

投手
バリオス
1回 中安、中飛、三振、右安(1点)、左2(1点)、三振
2回 三振、三振、三振
3回 遊ゴロ、三振、中安、盗塁、右2(1点)、左飛
4回 遊ゴロ、遊ゴロ、投ゴロ
5回 一安、中安、左安(1点)、パスボール、三ゴロ、投ゴロ、三失(1点)、二ゴロ
赤間
6回 中飛、中安、左安、右安、捕邪飛、中飛
平田
7回 三ゴロ、死球、投併
桜井
8回 四球、投犠、遊ゴロ、左安(1点)、三邪飛
斉藤
9回 中2、中飛、三振、左安、右安(1点)、右安(1点)、二ゴロ

バリオス5回8安打5失点、ミスもあったが、1軍は遠いか。
関根好調。

日ハムスタメン
6平沼
3今井
D渡邉諒
9海老原
5野村佑
7姫野
8万波
2黒羽根
4難波
P吉田侑

イースタン・リーグ(3月31日)

日ハム戦

スタメン

8乙坂

9関根

D山下

7細川

3飛雄馬

5伊藤裕

6狩野

2山本

4大河

Pバリオス

ラミレス語録(3月30日)

(試合前の囲みで)

 ―昨日はよく眠れた。

 「よく寝られたと言えば寝られたんですが、ただやはりいろんなことも考えないといけないんで」

 ―どのような反省を。

 「開幕戦過去3年を振り返って、最初の年は広島に勝ちました。その後は2つ負けて、勝った年も次の試合は負けてるんで、開幕2連勝をしたことがない。その壁をどう越えるかをけっこう考えていました」

 ―オーダーは昨日と同じでいく。

 「ほとんど同じで並びは一緒ですが、キャッチャーだけ戸柱で」

 ―梶谷の起用は悩んだ。

 「そんなに迷わなかったですね。昨日もフォアボールを一つ選びましたけど、打席の内容自体は悪くない。1番に梶谷を使うのはかなりインパクトはあったと思うし、今日は何かやってくれると思う」

 ―戸柱起用は京山との相性、打撃を期待して。

 「その両方あるかなと。京山とのコンビネーションもいいですし、バッティングが去年と違ってすごくいい状態。今年は相当期待できると思っている。常時試合に出続ければ15本、20本打てるくらい状態はいい。技術的なものも変えてすごくいい感じなので」

 ―戸柱はどこがよくなったか。

 「みなさんもご存じの通り、ブラストモーションを取り入れてから、彼がそれを一番うまく使いこなしたというか、一番アジャストしたのかなと。下半身の使い方とかがいい方向にいって、それで結果が出ているというところ」

 ―京山に期待するところは。

 「5イニングをしっかり投げてもらうのと、欲を言えばもう1イニングくらい投げてくれるのが理想。リードできればそれをしっかり保ってもらって、リリーフに締めてもらう。最初の3イニングをしっかり投げてもらいたい」

 (試合は1―9で敗れて連勝ならず)

 ―京山について。

 「三回まではかなり良かったと思うのですが、四回ですね。コントロールが乱れ、スピードも落ちてしまった」

 ―打線は思うように機能しなかった。

 「打つ日もあれば打たない日もあるのが野球。山井と次に対戦する時は何か対策をとらないといけない」

 ―明日は3連戦3戦目。

 「明日は明日なんで、しっかり準備して勝ちたいと思います」 

京山はあまり期待はしていませんでしたが、あんなものでしょう。
相手が山井なのである程度打てると思いましたが、相変わらず苦手。
昨日、好リードの伊藤光をどうして代えたのだろうか。
国吉はやっぱり国吉でした(苦笑)

イースタン・リーグ(3月30日結果)

○ 横浜 8-7 日ハム

5山下 遊ゴロ、中安(盗塁死)、左飛、二ゴロ
知野 遊飛
D石川 右飛、三ゴロ、三振、中安(盗塁)
関根 中飛
7乙坂 死球(盗塁)、四球、中安、右飛
8細川 左2(1点)、右2(1点)、右2、三振
3中川大 二ゴロ、二失、三振、二ゴロ
狩野 守備のみ
4伊藤裕 三ゴロ、中安(1点)、四球、三ゴロ
9青柳 遊ゴロ、四球、四球、遊ゴロ
2山本 右飛、遊ゴロ(1点)、中安(2点)、三
益子 守備のみ
6大河 三ゴロ、右飛、中安(1点)、二飛

投手
阪口
1回 二ゴロ、左飛、四球、三振
2回 四球、三振、遊併
3回 二ゴロ、投ゴロ、三振
4回 左安、死球、遊併、左安(1点)、三振
5回 遊失、盗塁死、右飛、三ゴロ
6回 一ゴロ、四球、遊併
7回 右飛、四球、中飛、投ゴロ
田村
8回 四球、右飛、三振、三振
寺田
9回 遊ゴロ、左2、左安(1点)、遊直、四球、左2(2点)、三失、四球、(交代)
赤間
9回 右2(3点)、中飛

8回終了で8-1でリードも最終回、寺田大荒れで1点差。
阪口7回2安打4四球1失点。順調。
寺田、1回持たず6失点。
細川、3二塁打。
新人・益子が初出場。

↑このページのトップヘ