ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

2019年06月

トレード決定

【球団発表】中日ドラゴンズはオリックスと交換トレードが合意に達したと発表。

中日→オリックス 松井雅人捕手・松井佑介外野手
オリックス→中日 松葉貴大投手・武田健吾外野手
併せて中日からオリックスへは、スティーブン・モヤ外野手も金銭トレードで移籍いたします。

オリックスは捕手を補強するなら、伊藤光を何で放出したんだ?
高城、使えないってことなのか。
オリックスの伏見は今季絶望というのもあるんでしょうかね。

イースタン・リーグ(6月30日結果)

ロッテ 1-2 ○ 横浜 (延長10回)

9宮本 三ゴロ、左飛、三振、四球、四球、
6大河 右2、遊失。三振、三ゴロ、三ゴロ、
倉本 守備のみ
3飛雄馬 中安、三振、三振、三振、四球、
7細川 投ゴロ、左飛、三振、中飛、四球
D中川大 三ゴロ、三ゴロ、中飛、右安、
百瀬 四球
5伊藤裕 二ゴロ、左安、三振
狩野 四球、右犠(1点)
4山下 左2、右安、三振、遊ゴロ、中飛
2西森 右安(1点)、中安、右飛、三振
山本 守備のみ
8青柳 四球、一飛、三振、
関根 三振、

投手
阪口
1回 三振、二失、三振、四球、一ゴロ
2回 遊ゴロ、二ゴロ、遊ゴロ
3回 投ゴロ、三振、四球、四球、三振
4回 遊ゴロ、投ゴロ、四球、左飛
5回 右邪飛、四球、右安、死球、二安(1点)、走塁死、三振
バリオス
6回 中安、投犠、三ゴロ、遊ゴロ
中後
7回 四球、遊ゴロ、三振、三振
笠井
8回 捕邪飛、投安、右飛、二ゴロ
砂田
9回 一失、犠失、左飛、左飛、三振
平田
10回 中安、右安、三犠(交代)
斉藤
10回 三ゴロ、盗塁、三振

先発・阪口4回まで無安打無失点も5回に崩れる。5回2安打5四球1死球1失点。四球多い。
延長10回、1アウト2,3塁で登板の斉藤、三ゴロ、三振で抑えセーブ。
1軍でお試しも。

出場選手登録、抹消(6月30日)

井納が登録されました。
今日の広島戦に先発予定です。

抹消されたのは進藤。
あまり結果を出せずに降格。
シーズン後危ないかも。

イースタン・リーグ(6月30日)

ロッテ戦

※今日の試合は16時開始です

スタメン
9宮本
6大河
3飛雄馬
7細川
D中川大
5伊藤裕
4山下
2西森
8青柳
P阪口

DeNA・宮崎は天性の打撃センスの持ち主

 (セ・リーグ、DeNA2x-1広島=延長十回、11回戦、広島6勝5敗、29日、横浜)セ・リーグ4位のDeNAは29日、広島11回戦(横浜)の延長十回に宮崎敏郎内野手(30)が中前適時打を放ち、2-1で今季4度目のサヨナラ勝ちを決めた。

 宮崎は、小学6年時に地元・佐賀の唐津スカイボーイズに入団と野球を始めた時期は遅かった。

 好きな球団もなく、テレビ観戦にも消極的。ダイエー(現ソフトバンク)の小久保ら3選手による野球教室に参加した際も、サインや握手などを全く求めなかった。
 「プロ野球選手のサインを欲しいと思ったことはありませんでした。自分がプロ野球選手になると思っていたからです」

 グリップを低くして構える独特の打撃フォームは「小学生時代から変わっていない」。打率.165で4月を終えた今季序盤の不振期も「変えないこと」で打棒復活につなげた。幼少期から信念を貫き、今やサインを求められる立場になった。

 ちなみに“初本塁打”は野球デビュー3日後の練習試合。いきなり右越えに2本を放ったとか。巧みな広角打法で、同僚から敬意を込めて「コチアイ(小さな落合博満)」と称されたこともある宮崎。まさに天性の打撃センスの持ち主だ。 

4月はどうなることかと思いましたが、本来の姿に戻ったようです。
時々は休ませたいのですが、控えの選手との力が違いすぎ、どうしても頼ってしまいます。

↑このページのトップヘ