ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

2019年09月

DeNA浜口CS間に合うか 1日紅白戦に先発登板

 

DeNA12軍による紅白戦を1日に行う。1軍の先発はドラフト3位ルーキー大貫晋一投手。2軍は浜口遥大投手が先発する。

浜口は右股関節違和感で831日に抹消され、離脱していたが、CSに間に合う可能性が出てきた。

三浦投手コーチは「状態を見て」と慎重に判断するとした。

先発は大貫ですか。前回登板は内容が良かったので評価高いですね。
浜口は1軍相手でどこまでやれるか、楽しみです。

 

2019イースタン・リーグ 個人成績

打撃成績

http://npb.jp/bis/2019/stats/idb2_db.html


投手成績

http://npb.jp/bis/2019/stats/idp2_db.html


守備成績

http://npb.jp/bis/2019/stats/idf2_db.html

 

横浜の選手のファームでの個人成績です。

普通に見て、これは使えない、力不足かと思える選手が多々います

ラミレス語録(9月30日)

(横浜スタジアムでの全体練習前、取材に応じ)

 ―CSファーストステージの相手がなかなか決まらない。

 「最後の最後までこうした厳しい戦いを強いられているというのはある。それに比べてわれわれは早くに決まった。倍くらいの労力を使っているのかなと」

 ―広島、阪神両方の対策をしているのか。

 「今日から両方やっていますが、それまではもう一つのチームが来るとは思っていなかったので。ここ何日かで変わってしまった。ローテーションをどうするのかなど、そういうのは2つ考えないといけない」

 ―阪神とはシーズン中、相性がよくなかった。

 「別に今はニュートラルなフィーリング。CSとシーズンは違うので。やっぱりこれで阪神が勝てば決まるので、そしたらまた新しいCSのフィーリングになるんじゃないかなと。ファーストステージ3試合で決まる。2年前も阪神とはレギュラーシーズンで分が悪く、CSで戦って勝っている実績があるので、本当に何でも起こり得るのがCSなので」

 ―短期決戦で意識するところは。

 「いつも言っていますけど、野球は勢い、流れが重要。勢いがつくとそのまま勝ち切れるし、勝ち切られる。そこが重要かなと」

 ―今季はシーズン中から一戦必勝のスタイルだった。

 「そういう意識をみんな持てたからこそ、ここまで来られた。それは変えずにCSも戦う」

 ―筒香は休み。

 「故障者リストに入っているので、今日は休みじゃないですか。今日については聞いていない」

 ―浜口はCSから復帰できそうか。

 「一応、明日紅白戦で投げる予定。まだ一度投げただけなので、投げ終わってから腕の反応や体の状態を見て。それで何もなければ戻ってこられるのに越したことはない」

浜口は先日ファームで復帰しましたが、できればもう1試合投げてから、と思っていましたが紅白戦がありました。
明日何イニング投げるのかわかりませんが、実戦である程度の結果が出ればCSでの登板はありそうです。

10月2日は練習試合の可能性もあるようです。
社会人チームと思いますが、詳細不明。

2019イースタン・リーグ

イースタンリーグの全日程が終了しました。

横浜は125試合65573分勝率5333位でした。


個人では中川虎が最多勝、防御率の2冠。


http://npb.jp/bis/2019/leagues/index_el.html

出場選手登録、抹消(9月29日)


進藤、浜矢、中川虎、細川が抹消です。

期待された細川はCSでの出場がなさそうです。

↑このページのトップヘ