ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

2019年12月

【DeNA】来季からDバックスへのコーチ留学検討

   DeNAがパートナーシップを結ぶ大リーグ・Dバックスへ来季からコーチ留学を検討していることが30日、分かった。本場のコーチングを学び若手の育成につなげるのが狙い。球団スタッフの留学も含まれており、Dバックスからのコーチ派遣も検討されている。

 DeNAは2軍コーチが今季の6人から来季は11人に増える。打撃は大村、嶋村、下園の3人、内野守備走塁は柳田、田中の2人、バッテリーは鶴岡、新沼の2人と他球団より多く配置した。球団幹部は「『船頭多くして―』にならないように。Dバックスへ勉強に行くことも考えている。向こうからも来てくれるように検討しています」と説明した。

 選手の派遣は現時点では行われない見込みだが、今季から3年間結んだ業務提携中にメジャーのエキスを吸収していく。筒香が抜け、ロペスも36歳とチームは過渡期に入っていくが、育成力を上げて生え抜きを鍛える。

面白い試みです。
将来、若手選手の交流の可能性もあるかも。
伸び悩みの若手が多いので期待は大きいです

メキシコ ウインターリーグ関根成績

 

http://www.mlb.com/milb/stats/stats.jsp?sid=l132&t=p_pbp&pid=692460



関根がメキシコでのウインターリーグを終えました。

序盤はあまり打てませんでしたが、調子を上げ、一時は打率も3割を超え、特に盗塁は55試合で20盗塁と自慢の足を披露し、好守備も多かったようです。

数年前までは1番センターの有力候補でしたが、近年、2軍で高打率も1軍ではほとんど打てない試合が続いていますが、年齢的にもまだこれからですので、来季は1軍入りだけではなくレギュラーを取るつもりで頑張ってもらいたいものです。

オーストラリア ウインターリーグ(1229日)

笠井

5回から登板(2-1でリード)

2回 1安打1死球無失点 4三振

 

平田

7回から登板

1 2/3 2安打2四球2失点

メキシコ ウインターリーグ(1228日)

 

関根

 

7回守備から出場(延長14回)

三犠、中2、四球、敬遠

 

関根、ウインターリーグ最終戦

打率・292

 


阪口皓亮(キャンベラ)投手インタビュー
“野球を楽しむ”ことの大切さをABLで教わった

http://abl-japan.com/2019/12/27/995/

↑このページのトップヘ