ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

2020年09月

ラミレス語録(9月30日)

(ヤクルト戦。試合前のオンライン取材)

 ―オースティンの状態は。

 「今トレーナーと動きをチェックしている。それでスタメンで出るかを決めたい」

 ―完投できる上茶谷と他の投手との差は。

 「試合を見ていて、いかに試合をうまくコントロールできているかを判断している。あの日はそういうのを見てこれは最後までいけるなと判断しましたし、そうじゃない時は代える。理想を言えば先発全員が完投してくれればいいが、そうはいかないので」

 ―球種が多い石川への対策は。

 「特にああいうタイプはいかに低めにコントロールできるかが生命線。いかに低めを見極められるか。高めに来た球を見逃さずに振っていけるか」

 (試合は3―5で負け)

 ―あと一歩まで追い詰めた。

 「トライをして、何とかしようという攻撃ができましたが、残念ながら追いつけなかった」

 ―上茶谷は試合途中に治療でベンチへ下がった。

 「ちょっと指がつったということ。試合中、ボールを握る感覚がなかった。大事には至らなかったですが、代えざるを得なかった」

 ―梶谷が月間42安打。

 「アメージングな記録。今月は素晴らしい成績を挙げていて、言うことがない」

 (試合後のオンライン取材)

 ―梶谷の好調の理由は。

 「アメージングの一言に尽きる。これだけ打てるというのは、これがあるから、というものではない。一つあるのはしっかりボールを見られている。今月を見るとヒット42本だけでなく、得点も26。出塁率もゆうに4割を超えている。全ての数字で高いものを出している」

 ―上茶谷の指はどの指か。

 「そこまで確認していないですが、人さし指か中指では」

 ―異変はいつから。

 「ホームランを打たれた三回にピッチングコーチがマウンドにいってから」

 ―次回登板は。

 「これから様子を見てトレーナーの判断を仰ぐ」

 ―上茶谷は三回に打席へ送った。

 「代えると決めてたんですが、代打陣をあそこで使いたくなかったのでいかせました」

前回の球数は気になりましたが、完封した上茶谷だったので大丈夫だろうと思っていましたが。
まさかの3回降板。指がつったということですが、しばらく休ませるのでしょうか。

今季勝ちのないヤクルト石川だったのである程度の得点を期待しましたが、5点先取されると楽に投げさせてしまいました。

オースティン、来季の契約どうするんでしょうか。
ホームランは魅力ですが、故障欠場が多過ぎ、打率も低いので難しいところ。
本来の状態になれば相当にやれそうですが、体調面に問題ありか?

イースタン・リーグ(9月30日結果)

○ 横浜 4-3 西武

8宮本 中飛、三邪、右安(盗塁死)、左飛
4大和 右飛、三振、一邪、
飛雄馬 左安
7楠本 中安(走塁死)、三振、三振、中安
9細川 三振、中安、投ゴロ、四球
D嶺井 三飛、投ゴロ、一飛、遊安(1点)
百瀬 代走
5伊藤裕 一ゴロ、三振、三振
桑原 右安(2点)
3石川 三邪、四球、投ゴロ、左犠(1点)
2山本 三振、三振
関根 二ゴロ
6森 三振、ニ失(盗塁)、ニ飛

投手
ピープルズ
1回 三振、三振、四球、三振
2回 遊飛、右飛、ニ飛
3回  左飛、左飛、右2、中安(1点)、左飛
4回 右飛、左安、右安、三振、中2(2点)、三振
5回 三振、左飛、ニゴロ
6回 捕邪、ニゴロ、遊飛

赤間
7回 二ゴロ、投ゴロ、ニゴロ

藤岡
8回 右安、一犠、一ゴロ、左飛

砂田
9回 左安、投犠、三ゴロ、三振

先発ピープルズ6回5安打1四球3失点。1軍で投げるための調整?6回まで投げた理由が不明
0-3とリードされた9回裏4安打1四球で逆転サヨナラ勝ち。
大和が復帰、3-0

9回裏、桑原同点タイムリー

https://twitter.com/i/status/1311274595161239553

「めぐりズム」で「伊勢リズム」DeNAルーキー右腕 2人のライバル追いかけ学びの日々

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/09/30/kiji/20200930s00001000037000c.html

近頃は勝ちパターンの中継ぎで起用されるケースも出てきました。

先発があまり長いイニングを投げないので中継ぎ陣の負担も大きく、何人いても困らない状況。

将来的には先発もと思っているのですが

 

選手契約、譲渡可能期間終了のお知らせNPB)

本日、9月30日をもちまして、野球協約第64条に規定される新規選手契約可能期間、および第108条に規定される選手契約の譲渡可能期間が終了いたしましたのでお知らせいたします。

 10月以降は連盟選手権試合シーズン終了の翌日まで、ウエイバーの請求による選手契約の譲渡を除き、支配下選手契約の譲渡・受はできません。

https://npb.jp/news/detail/20200930_02.html

支配下選手に余裕がありましたが横浜は補強なしでした。

 

イースタン・リーグ(9月30日)

西武戦 18時~

スタメン
8宮本
4大和
7楠本
9細川
D嶺井
5伊藤裕
3石川
2山本
6森
Pピープルズ

大和復帰です

↑このページのトップヘ