ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

2022年05月

中日は5月27日のオリックス戦で負傷交代した石川昂弥選手が名古屋市内の病院で精密検査を受けた結果、左膝前十字靭帯不全損傷と診断されたと発表。
今後はトレーナー、医師の指示を受けながら治療に専念。試合後、立浪監督は「すぐ手術するレベルではないが、1ヶ月くらいは様子を見る」と説明。

中日・石川、暫くは無理でしょうね。
今年は各球団、故障者が多いような気がします

5月打撃成績

本塁打
村上 9本
牧  8本
ウォーカー 6本

打点
牧 25点
村上 23点
マクブルーム 18点

打率
小園 .360
中村悠 .345
牧  .329

5月の打撃成績は牧とヤクルト村上の二人が抜けています。
村上は本塁打1位、打点2位の成績ですが、打率は.250と低い。
5月の打者MVPは3部門でベスト3に入る牧で決まりでしょうね

オリックス担当記者情報(日刊)

 【球団発表】
オリックス伏見寅威選手は、4回の守備の際にバットが後頭部に当たったため、交代となりました。現時点では意識はありますが、これから検査を行うため、横浜市内の病院に向かいます。

【球団発表】
オリックス伏見寅威選手は試合中に横浜市内の病院で精密検査を受け「頭部打撲」の診断を受けたと発表されました。現時点ではっきり意識もあり明日以降の試合出場は状態を確認しながら判断となります。

頭部打撲のようです。
大事には至らなかったようで、まずは良かったですね。
数日は様子見でしょうね。

イースタン・リーグ結果(5月31日)

● DeNA 5-9 巨人

9梶原 右失、遊ゴロ、左3(+遊失3点)、中安、四球、
6森 中安(1点)、二ゴロ、三振、左 安、三振
3山下 死球、右安(盗塁死)中安、三邪、三振
5小深田 一併、遊ゴロ、中飛、左安、三振
7細川 三振、三飛、右安、三振
勝又 四球

4伊藤裕 左飛、四球、左安、二ゴロ、三振
D粟飯原 三振、三振 
田中俊 四球、四球、三振

2東妻 遊ゴロ、四球、左飛
益子 左安
8村川 中飛、二ゴロ、三振、一ゴロ

投手

東 
1回 遊邪、三振、三振 
2回 投直、三振、遊ゴロ

スターリン 
3回 左飛、三振、三振 
4回 三振、中安、左安、四球、暴投(1点)、右本塁打(3点)、左2,中飛、遊ゴロ 

浅田
5回 四球、左2(1点)、四球、牽制死、左安、四球(交代)

池谷 
5回 左安(2点)、中飛、遊直 

宮城 
6回 中飛、二ゴロ、遊ゴロ 
7回 二ゴロ、中飛、一安、遊ゴロ 
8回 三振、四球、中2(1点),右安、三振、四球、一安(1点)、三振 

砂田
9回 遊ゴロ、右飛、一ゴロ 

先発・東2回無安打無四球無失点、27球。何かあったか、週末1軍?
1軍は東の前に石田、徳山の方が先と思えるが。急いで昇格させることもないと思うが

スターリン、浅田、シーズン後、苦しいか

森 5-2 1打点
復帰報道のあった大田は出場なし



大洋の高木豊が決めた後、プロ野球で39年間もお蔵入りの記録は? 正解は最後の見出しに/物語のあるデータ③

https://www.nikkansports.com/members/baseball/news/202205260001035.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp&utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

1983(58)65日、横浜での阪神戦は2-2となって9回裏、大洋最後の攻撃へ。マウンドには抑え左腕の山本和行がいた。2死満塁。その初球だった。高木豊が仕掛けた。プッシュ気味にバットに当てると、打球は遊撃手の真弓明信に向けて転がった。★驚く関根監督山本和も、三塁手の掛布雅之も、打球に届かない。この間に三塁走者の石橋貢が生還した。記録は内野安打。


9回裏2死満塁でのセーフティバント。

今、こんなことを考えつく、やれる選手はベイスターズにはいないかもしれないですね。

思いつくのは大和かな。
三塁ランナーが石橋というのも懐かしい

高木豊、中大卒の二塁手で牧の先輩にあたりますね

↑このページのトップヘ