ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

2022年10月

故障者、長期出場のない選手(10月31日現在)

ディアス

2月24日 2軍練習試合 中継ぎ登板 途中交代(実況は腰か背中負傷とコメント)
4月11日 左肘内側側副靭帯再建手術


松本 
3月24日 左肩クリーニング手術 

三嶋 
8月14日 2軍戦登板 以後登板なし
8月29日 
胸椎黄色じん帯骨化切除術 

平田
10月20日 右肘尺骨神経前方移行術

オースティン
10月24日 右肘内側副靭帯修復術

佐野
10月31日 右肘クリーニング手術

中川
10月31日 右肘クリーニング手術

○長期出場のない選手 

加藤 
5月25日 2軍戦登板 以後出場なし 
8月28日 コロナ陽性判定 
9月8日 チーム合流 以後出場なし

東出 
6月15日 2軍戦出場 以後出場なし 


個人的に調べたもので訂正、追加等あればお知らせ
ください

情報があり次第、更新します。


フェニックスリーグ順位表

1位広島11勝4敗2分
2位西武11勝6敗1分
3位日ハム9勝5敗3分
4位ロッテ10勝6敗1分
4位中日10勝6敗1分
6位ヤクルト9勝6敗2分
7位阪神10勝7敗
8位オリックス8勝7敗2分
9位ソフトバンク8勝8敗1分
9位IPBL選抜8勝8敗1分
11位巨人6勝8敗3分
12位楽天4勝12敗1分
12位DeNA4勝12敗1分
14位四国IL2勝15敗1分

DeNAは14チーム中12位。
独立リーグ選抜(IPBL)は結構強かったですね

DeNA・入江、今永・大貫・国吉に続け! オーストラリア武者修行復活でさらなる飛躍に期待

https://npn.co.jp/article/detail/200025118

今年、後半はやや投げすぎかと思ったので、オーストラリア武者修行は意外でした。

今永、大貫のように一層の飛躍を期待したいですね


ドラフトウラ話…他球団スカウトの証言「ヤクルト2位指名、悔しかった球団が多いはず」ドラフト全指名を検証する《DeNA・オリ・ヤクルト編》

https://number.bunshun.jp/articles/-/855173

流しのブルペンキャッチャー安倍昌彦氏のドラフトウラ話、ドラフト全指名を検証する


DeNA
では3位林をポジション1つ託したら、「新人王」の最右翼と絶賛しています


「林さんが3位なんて、あり得ない。守備だって、走塁だって、あんなに一瞬のスピード持ってる人、見たことないし。試合前のキャッチボールなんて、145(キロ)ぐらい軽く投げてますよ。ホームラン性のえぐいファール打った次のボールで、三塁線にセーフティ決めたり。一緒に戦ってるとわかるんですよ、林さんは天才だって」 


多少のことは目をつぶりつつ、ポジション1つ託したら、「新人王」の最右翼ではないか……と、かなりの自信で見ているのだが。


ドラフトウラ話…日本ハム4位指名の“逸材”「スカウト部長が見逃した球団も複数あった」ドラフト全指名を検証する《日ハム・中日・ロッテ編》

https://number.bunshun.jp/articles/-/855170

ドラフトウラ話…巨人4位指名に“ある社会人チーム”「ウチに欲しかった…巨人は熱心でした」ドラフト全指名を検証する《広島・楽天・巨人編》

https://number.bunshun.jp/articles/-/855171

ドラフトウラ話…記者の本音「ホークスドラ2に正直驚いた…勝てる投手の“緊急指名”だ」ドラフト全指名を検証する《西武・阪神・ホークス編》

https://number.bunshun.jp/articles/-/855172

球団は手術勧めるも…ヤクルト・奥川恭伸投手「自然療法」選択、来季復帰のメド立たず エースへの飛躍に期待も最大の誤算

https://www.zakzak.co.jp/article/20221031-SJISK2YKIZJZFNOCJIVSAYDU4M/

「球団は手術を勧めたが、本人が自然療法を望んだ。今後はどうなるかわからない」


今朝の報道では手術検討とありましたが、本人が自然療法を希望とのこと。

どちらが良いのか分かりませんが、最後は本人の決断になりますね

↑このページのトップヘ