ベイスターズ ファーム情報

textreamが終了し、ヤフーブログで継続していましたが、こちらも終了のため引っ越してきました。 2軍の情報、ドラフト、トレード等の情報、ラミレス語録も掲載していく予定です。

カテゴリ: 日記

ラミレス語録(8月14日)

 (試合前囲みで)

 ―東が登録抹消。

 「状態は悪くないです。いろいろ計画しているところがあって、それで抹消しました。次帰ってきてもらった時は、シーズン最後までローテーションでいてくれたらなと思います」

 ―どこかのチームにぶつけるため。

 「そういう感じです。ここで投げるというのは大体決めています」

 ―上茶谷については。

 「基本的には普通にローテーションにいてもらおうかなと。昨日も悪かったのは1イニングだけなので」

 (試合は2―15で大敗。約3カ月ぶりの4連敗)

 ―浜口が誤算。

 「今日は浜口というより、スワローズ打線がすごくよかった」

 ―打線も石川に八回1死まで無安打。

 「打つ時もあれば打たない時もある。石川どうこうよりこういう試合で相手に流れがいった」

 ―4連敗だが切り替えるしかない。

 「もちろん。この負けをポジティブに捉えると、これだけ点を取られて取れなかった。いつも大量点の次の日はあまり打てていない。これだけ打てないということは次は打てる」

 ―伊藤裕が一発。

 「いつも言っていることだが、彼はスラッガー。思い切りスイングをする、そういうスイングができていた」

久しぶりに悲惨な試合でしたね。
点差が開き敗戦処理的な投手が出てきて、これが又打たれる。
打線もあわやノーヒットノーランかという低調。

まさかどん底状態のヤクルトに3連敗するとは思わなかった。
一歩後退、というか相当に後退してしまいました。
ここからどう巻き返すか。

※ヤフーブログからの移転で8月末までは向こうで書き込めると思っていたので、こちらの方、いまいち良く分かってませんのでご迷惑をおかけするかもしれません。

広島・モンティージャが1軍合流 17日DeNA戦先発か

広島のエマイリン・モンティージャ投手が14日、1軍に合流した。マツダスタジアムで、バントやキャッチボールなどで汗を流した。

 来日初先発した7月30日・巨人戦(東京ドーム)は2回1/3を7安打3失点で黒星。2週間ぶりに1軍に合流し「うれしい。呼ばれて良かったです」と白い歯を見せた。17日・DeNA戦(横浜)の先発が見込まれている。

広島は外人選手、何人いるんだ(笑)

ラミレス監督

試合前


昨日4回に一挙6点を失った上茶谷大河投手について


「基本的にはこのままローテーションにいてもらおうかな」


抹消したいが、他に上げれる投手がいないということなんでしょうかね。

出場選手登録、抹消(8月14日)

今日の出場選手登録、抹消はありません。

昨日、打ち込まれて抹消の可能性もあった上茶谷は抹消されませんでした。

ラミレス語録(8月13日)

(試合前囲みで)

 ―ロペスの状態は。

 「練習してみないと、どうなるか分からないんで、とりあえず練習してもらって、それでラインアップに入るか入らないかを判断したいなと」

 ―患部は。

 「右肩に違和感がある。昨日は念のため完全に休んでもらった。原因が何かは分からない」

 ―多少の違和感があっても試合に出場する選手。

 「そういうタイプの人だが、昨日は自分からバッティングをやめた。だから僕もそれを感じて、完全に休みにしようと思った」

 ―この時期にケガ人が出始めている。

 「理想を言えば、誰もケガしないでしっかりプレーできる、それに越したことはないですが、アクシデントはこっちでコントロールできることではない。そうなってしまった場合は、今いる人たちでマネジメントしていくのがわれわれの仕事。それを全うしていく」

  ◇  ◇

 (試合は7―8で敗戦。約2カ月ぶり3連敗)

 ―先発の上茶谷は四回に崩れた。

 「四回に6失点して、あまりカット(ボール)の制球がよくなくて、それでストレートが真ん中にいってしまったのかなと」

 ―上茶谷の次回登板については。

 「そこは考えるところかなと。6連勝して、その後2回連続でこうなった。シークレットでも何でもなく、ちょっと考えないといけない」

 ―打線は粘りを見せた。

 「点は取れて、よく打ってくれているんですが、今日は1点足りなかったですね」 

3連敗。どの試合も勝てた試合とも言えるので、嫌な流れの3連敗ですね。
不調のヤクルト相手なので楽に勝ち越せると予想していましたが、全く外れ。

上茶谷は一度抹消して調整した方が良いと思うが。
開幕からローテを守っているが新人ですからね。

巨人が負けたので差は広がらなかったが広島との差は僅か。
故障者も多く、投手陣に疲れが見え始め苦しい戦いになりそうです。

↑このページのトップヘ